LEGEND SPIRIT

TEAM TSUCHIYA

チーム土屋

葛西 紀明

生年月日
1972.6.6
種目
ジャンプ(選手兼監督)
星座
双子座
血液型
AB型
身長
176cm
体重
59kg
出身地
北海道上川郡下川町

経歴

1972年北海道下川町生まれ。身長176cm 体重59kg 小学3年生でスキーを始める。
中学3年生の宮様大会テストジャンパーで、優勝者の記録を上回り話題になる。
旧大倉山ジャンプ競技場のバッケンレコード(135m)を所持。
ラージヒル日本人記録147.5m(プラニツァ)所持。
2003年イタリアのヴァル・ディ・フィエンメで開催されたノルディック世界選手権大会では団体銀、ノーマル・ラージとも銅の3つのメダルを獲得。
2003-2004ワールドカップソルトレークシティ大会で自身通算15勝目を飾った。
2006年トリノオリンピックに自身5回目のオリンピック出場を果たす。
2007年世界選手権札幌大会の団体戦では銅メダル獲得。
2009年世界選手権団体戦でも2大会連続の銅メダルを獲得。
この年、監督に就任しプレイングマネージャーに。
2010年バンクバー五輪へ出場、6大会連続は冬季五輪では最多タイ。
2011年には自身7度目となる世界世界選手権に出場。
2013年8月サマーグランプリ白馬大会で2009年以来となる優勝。
2014年1月11日バート・ミッテンドルフ大会(フライングヒル/オーストリア)でワールドカップ最年長優勝を果たす。(41歳219日=通算16勝目、日本人男子最多勝利)
同年2月のソチオリンピックでは個人ラージヒル銀、団体銅の2つのメダルを獲得。
同年3月、ワールドカップ最年長優勝、冬季五輪7大会連続最多出場、冬季五輪スキージャンプ最年長メダリストの3つがギネス世界記録に認定される。
同年11月29日フィンランドのルカで開催されたワールドカップ個人第3戦で自らが持つ最年長優勝記録を42歳5ヶ月に更新、通算優勝回数を17回(日本人男子最多)とした。
2015年2月ファルン(スウェーデン)で開催されたノルディックスキー世界選手権では混合団体で伊藤有希と共に銅メダルを獲得。
2016年1月30日、第一子となる長女が誕生。その翌日にはFISワールドカップ札幌大会で3位に入り、ワールドカップ最年長表彰台記録を43歳240日に更新。
さらに同日「ワールドカップ最多出場」「ノルディックスキー世界選手権最多出場」の2つが新たにギネス世界記録に認定され、計5つのギネス世界記録ホルダーとなった。
2016年3月17日、プラニッツア(スロベニア)で開催されたFISスキージャンプワールドカップで前人未到の500試合出場を達成。
2017年3月26日、プラニッツア(スロベニア)で行われたワールドカップ個人最終戦で3位に入り、3月19日の2位に続いて2016-2017シーズン2度目の表彰台に上がり、自らが持つW杯最年長表彰台記録を44歳9か月に更新した。
2018年2月連続8度目となる平昌オリンピックに出場。
2018年4月自身の持つギネス世界記録「冬季五輪連続最多出場」「ワールドカップ最多出場」を更新した。
2020年5月葛西紀明が持つギネス世界記録「スキージャンプW杯最多出場」を569に更新したことが認定される

MOVIE

試合結果※2019年現在

ワールドカップ(個人優勝)

2014/11/29
Ruka(FIN)大会優勝
2014/1/11
Tauplitz/Bad Mitterndorf(AUT)大会優勝
2004/2/28
Park City(USA)大会優勝
2003/2/9
Willingen(GER)大会優勝
2001/1/1
Garmisch-Partenkirchen(GER)大会優勝
1999/3/21
Planica(SLO)大会優勝
1999/3/14
Oslo(NOR)大会優勝
1999/3/9
Trondheim(NOR)大会優勝
1999/1/31
Willingen(GER)大会優勝
1999/1/29
Willingen(GER)大会優勝
1999/1/3
Innsbruck(AUT)大会優勝
1998/3/22
Planica(SLO)大会優勝
1994/1/9
Murau(AUT)大会優勝
1993/3/6
Lahti(FIN)大会優勝
1993/1/23
Predazzo(ITA)大会優勝
1993/1/1
Garmisch-Partenkirchen(GER)大会優勝
1992/3/22
Harrchov(TCH)大会優勝

FISスキージャンプワールドカップ 総合順位

2018-2019
個人総合37位
2017-2018
個人総合26位
2016-2017
個人総合15位
2015-2016
個人総合8位
2014-2015
個人総合6位
2013-2014
個人総合5位
2012-2013
個人総合24位
2011-2012
個人総合51位
2010-2011
個人総合25位
2009-2010
個人総合17位
2008-2009
個人総合16位
2007-2008
個人総合34位
2006-2007
個人総合26位
2005-2006
個人総合21位
2004-2005
個人総合16位
2003-2004
個人総合8位
2002-2003
個人総合13位
2001-2002
個人総合23位
2000-2001
個人総合4位
1999-2000
個人総合15位
1998-1999
個人総合3位
1997-1998
個人総合10位
1996-1997
個人総合17位
1995-1996
個人総合36位
1993-1994
個人総合6位
1992-1993
個人総合3位
1991-1992
個人総合9位

オリンピック

2018
平昌五輪 ノーマルヒル21位、ラージヒル33位、団体6位
2014
ソチ冬季五輪 ノーマルヒル8位、ラージヒル銀メダル、団体銅メダル
2010
バンクーバー冬季五輪 ノーマルヒル17位、ラージヒル8位、団体5位
2006
トリノ冬季五輪 ノーマルヒル20位、ラージヒル12位、団体6位
2002
ソルトレーク冬季五輪 ノーマルヒル49位、ラージヒル41位
1998
長野冬季五輪 ノーマルヒル7位
1994
リルハメル冬季五輪団体 銀メダル、ノーマルヒル5位、ラージヒル14位
1992
アルベールビル冬季五輪 団体4位、ノーマルヒル31位、ラージヒル26位

ノルディック世界選手権

2017
Lahti(FIN)
ノーマルヒル28位 ラージヒル32位 団体LH7位
2015
Falun(SWE)
ラージヒル11位
ノーマルヒル35位
団体LH4位混合団体銅メダル
2013
Val di F (ITA)
ラージヒル22位
ノーマルヒル35位
団体5位
2011
Oslo(NOR)
ラージヒル24位
ノーマルヒル26位
団体NH5位
団体LH6位
2009
Liberec(CZE)
ラージヒル32位
ノーマルヒル30位団体銅メダル
2007
Sapporo(JPN)
ラージヒル24位
ノーマルヒル34位団体銅メダル
2005
Oberstdorf(GER)
ノーマルヒル21位
ラージヒル36位
NH団体9位
LH団体10位
2003
Val di F (ITA)
ラージヒル銅メダルノーマルヒル銅メダル団体銀メダル
2001
Lahti(FIN)
ラージヒル19位
ノーマルヒル8位
団体LH4位
団体NH4位
1999
Ramsau(AUT)
ラージヒル10位
ノーマルヒル5位団体銀メダル
1993
Falun(SWE)
ラージヒル7位
ノーマルヒル10位
団体5位
1991
Val di F (ITA)
ラージヒル36位 団体11位
1989
Lahti(FIN)
ラージヒル57位
ノーマルヒル54位
団体15位

国内大会

2017
大倉山チャレンジカップサマージャンプ大会 優勝
2017
全日本選手権LH兼NHK杯 優勝
2017
札幌市長杯サマー宮の森 優勝
2016
名寄サンピラージャンプ大会 優勝
2016
TVh杯 優勝
2016
雪印メグミルク杯 優勝
2014
妙高サマージャンプ大会 優勝
2014
サマーグランプリ白馬ジャンプ大会 優勝
2014
HTB杯 優勝
2013
STVカップ 優勝
2012
TVh杯 優勝
2011
STVカップ 優勝
2010
全日本選手権LH 優勝
2010
UHB杯 優勝
2010
STVカップ 優勝
2010
HTBカップ 優勝
2009
FISグランプリ白馬大会 優勝
2009
TVh杯 優勝
2007
UHB杯 優勝
2004
札幌市長杯サマー(宮の森) 優勝
2004
伊藤杯宮の森ナイター 優勝
2004
HBCカップ 優勝
2004
STVカップ 優勝
2004
HTBカップ 優勝
2003
伊藤杯ファイナル 優勝

学歴・職歴

2001
株式会社土屋ホーム 入社
1998
株式会社マイカル 入社
1991
株式会社地崎工業 入社
1991
東海大学第四高等学校 卒業

FAN CLUB

オフィシャルファンクラブ「TEAM TSUCHIYA ファンクラブ」に入会すると、
年4回発行の土屋ホームスキー部後援会会報「Jump Mates」をお届けします。
チーム土屋はもちろん、スキージャンプ競技を一緒に盛りあげましょう!

JOIN NOW!!

ファンレターはこちら

  • 〒060-0809 北海道札幌市北区北9条西3丁目7番地
  • 土屋ホーム札幌北9条ビル
  • 土屋ホームスキー部 宛て(宛名は、選手名でお願いいたします)